本文へスキップ

ホームレス・路上生活者の支援活動を行うNPO法人です

山友会とはABOUT "SANNYUKAI"

ホームレス状態にある人々の抱える深刻な問題

仕事を失う。住まいを失う。ホームレス状態に至る経緯は様々です。
もしかすると、そこに至るまでに、誰にも助けを求めることが出来なかったのかもしれません。
本当に苦しいときや辛いときに、誰かが手を差し伸べてくれるようなつながりを失ってしまっていることが、彼らの抱える深刻な問題なのです。
そして、そうした社会的に孤立した状況は、やがて「自分は誰からも必要とされていない」という想いを抱かせ、前向きに生きていく力を失っていくことにつながっていきます。


孤独の街、山谷

かつて日雇い労働者が多く集まる街であった通称「山谷地域」。
現在、その多くが高齢者となった彼らは生活保護を受給しながら簡易宿泊所(ドヤ)で暮らしています。
しかし、身寄りのない彼らにとって、社会的に孤立しているという状況は変わりません。依存症、介護難民化、孤独死…。
孤立か形を変えて、より深刻な問題を引き起こしています。


ホームレス問題を根本的に解決するために

ホームレス状態にある人々の存在は、互いに手を差し伸べあうことのできる人と人とのつながりが、この社会に失われつつあることを意味しているのかもしれません。
もし、彼らがこの“山谷地域”の中で孤立せずに暮らしていくことができれば、ホームレス問題を根本的に解決する大きな一歩になると私たちは信じています。


私たちのミッション・ビジョン

【私たちミッション(使命)】

路上生活を送らざるを得ない人々や、苦しい生活を送らざるを得ない人々が、
ひとりではないと感じて笑顔を取り戻すこと。


【私たちのビジョン(目指すべき社会)】


ひとりひとりがその存在を認めあい、
助け合うことのできるようなやさしさに満ちた、安心して暮らすことのできる社会


山友会のあゆみ

山谷地域
山谷という地域は(1966年、住居表示開始に伴って地名はなくなりました)、かつて『日雇い労働者の町』と言われていました。
仕事は肉体労働がほとんどで、集まるのはほとんどが男という町でした。
厳しい環境の中で労働者たちは酒を飲むことが日常となり、男同士の付き合いが生じてきます。
共に働くうち、自ずと生活のルールが出来上がってきて、中には体を悪くする人々が増えてきていました。
例えば、肝硬変やてんかん発作、高血圧、火傷や怪我などです。
それらの不調を口に出せずに悩んでいる方もいました。

山友会発足
そのような社会の問題に少しでも応えるために、1984年に無料診療所をメインとして山友会がオープンしました。
当初は玉姫公園のそばの木造2階の建物を借り、2階でクリニックの受付をしながら、100人以上の炊き出しをしていました。
その頃は、わずかな暖房設備しかなく、隙間風が入りねずみが走り回っているような有様でした。
冬の間だけでしたが、浅草の古い幼稚園を借りて、約40人が宿泊できるようにしていたこともありました。

引越し
1985年には三ノ輪駅の近くに別の建物を借り、高齢者が気軽に寄り合い、集まることの出来る場所を設けました。
そうこうしているうちに次第に患者が増え、医者、看護師の人数も増えていきました。
それと並行して炊き出しに並ぶ人々も増えた結果、近所よりクレームが続出したため、山友会自身で場所と建物を確保せざるを得なくなりました。
1989年、土地を取得し、形ばかりの三階鉄筋コンクリート造りの建物を建て、その中に相談室、クリニック、高齢者の寄り合える場所を造り、現在の場所へと移動しました。

NPO法人格取得
その後、日本経済の変化とともに日雇い労働者が従事できる仕事も減り、50歳から60歳代の失業者が山谷周辺に集まってくるようになりました。
さらに、隅田川沿いでテント生活、路上生活をする人々が増えてきました。
厳しい環境の中で生活する人々は、特に体力の低下が目立ちます。そのため、路上生活をしていても山友クリニックに来る人々は年々増え続けてきました。
そのような人々が増えた結果、徐々に山友会の力だけで対応することが難しくなってきました。
そこで、他の民間支援団体、区役所、病院、福祉施設などとの連携が取りやすいよう、2002年4月に山友会はNPO法人格を取得しました。

あゆみ

1984年 10月 任意団体「山友会」として「山友クリニック」の活動を始める
1985年 5月 「岩下センター」にて高齢者の給食活動開始
1989年 1月 活動場所を現在地に移転
1997年 4月 第二種社会福祉事業施設「山友ホーム」開設
1998年 9月 「国境なき医師団日本」との連携開始
2000年 4月 「山友ホーム」他団体へ独立
2002年 4月 特定非営利活動(NPO)法人格を取得
2008年 5月 国税庁より認定NPOに認証される
2009年 4月 第二種社会福祉事業施設「山友荘」開設
2015年 1月 「無縁仏となってしまうホームレスの人々が入れるお墓を建てたい!プロジェクト」実施。
身寄りのない路上生活者のための墓を建立。

受賞歴

2009年 第24回 東京弁護士会人権賞 受賞
2010年 理事・看護師長(当時)リタ・ボルジーが、第38回 医療功労賞(読売新聞主催)受賞

山友会

〒111-0022
東京都台東区清川2丁目32番8号

TEL:03-3874-1269
FAX:03-3874-1332
E-Mail:info@sanyukai.or.jp
ブログ:
http://ameblo.jp/sanyukai1984/

facebook:
http://www.facebook.com/
sanyukai1984

Twitterフォローツイートする