本文へスキップ

ホームレス・路上生活者の支援活動を行うNPO法人です

山友会 マンスリーサポーターmonthly supporter

マンスリーサポーター へのご協力のお願い


ホームレスになってしまう。 それは何を意味しているのでしょう。

人がこの世に生を受けた時、果たしてそのような未来を願うのでしょうか。
もしかすると、そこに至るまでに、誰にも助けを求めることが出来なかった、誰も手を差し伸べられなかったのかもしれません。

社会的に孤立した環境が、前向きに生きていく力を奪い、やがて誰からも必要とされていないという孤独さを抱かせていくことにつながってしまう。

ホームレス状態を余儀なくされた人々の存在は、経済的な貧しさではなく、互いに手を差し伸べあうことのできる
人と人とのつながりがこの社会に失われつつあることを意味しているのかもしれません。

ホームレス状態にある人たちが、
ひとりではないと感じ、笑顔を取り戻すために。
マンスリーサポーターへのご参加をお願いします。

皆さんのやさしさを、私たちに託してもらえませんか。



病気やケガの痛みや苦しみに耐え続けながら、路上生活を送る人がいます。
路上生活を余儀なくされた人々の多くは、医療費を支払えなかったり、健康保険に加入できないために病気になっても、ケガをしても治療を受けることができません。
病気やケガを抱えながらも路上生活を送る人。そして、路上でひとり誰にも気付かれずに亡くなる方。いまもなお、そうした人がこの国に存在します。

本当に苦しい時、辛い時。誰も頼れない。
仕事を失う。住まいを失う。 路上生活に至る経緯は様々です。
しかし、ひとつだけ同じことがあります。
それは、社会的に孤立し、孤独さを抱えていることです。
本当に苦しい時、辛い時。誰かに助けを求めたくとも求められない。そうした苦しみや辛さに気が付き、手を差し伸べてくれるようなつながりを失ってしまっていることが、彼らの抱える最も困難な問題なのです。

ひとりではないと感じてもらい、笑顔を取り戻すこと。

山友会は、無料診療、生活相談、炊き出し・アウトリーチ、食堂、宿泊支援、居場所・生きがいづくりなどの活動を通して、路上生活を余儀なくされた人々との社会的なつながりを築いてきました。
こうした取り組みを通して、
ひとりひとりがその存在を認めあい、助け合うことのできるようなやさしさに満ちた、安心して暮らすことのできる社会を目指しています。


山友会の活動を支える マンスリーサポータ―になっていただけると


1日33円/年 のご寄付で (月1,000円)
食に困る
420人の人々に、炊き出しで食事を提供することができます。

1日100円/年 のご寄付で (月3,000円)
治療を受けることのできない
60人の患者 に、無料診療を行うことができます。

1日170円/年 のご寄付で (月5,000円)
1人の路上生活を余儀なくされている人が社会的なつながりを取り戻すための生活相談やサポートを受けることができます


マンスリーサポータ―の特典

◆ 活動の近況をご覧になれる 山友会ニュースレター をお送りします。
 (機関紙 ※年2回発行予定)
◆ 活動のトピックスやイベント・ボランティア募集などの情報満載の
やまとも通信 をお送り  します。(メールマガジン ※月1回発行予定)

マンスリーサポータへのお申込み

山友会

〒111-0022
東京都台東区清川2丁目32番8号

TEL:03-3874-1269
FAX:03-3874-1332
E-Mail:info@sanyukai.or.jp
ブログ:
http://ameblo.jp/sanyukai1984/