本文へスキップ

ホームレス・路上生活者の支援活動を行うNPO法人です

2018年 冬の募金FUND-RASING CAMPAIGN

2018年 冬の募金 へのご協力のお願い


"自分は毎日必死で働いている。
好き好んでホームレスをしている人など、なぜ助けなければいけないのか。"



活動を行っていると、時にこうした指摘を受けることがあります。

勤勉さや努力は大切なことです。

しかし、ともすれば“あたりまえ”のような価値観を振りかざし、
誰かの存在を非難し否定することは、私たちに何をもたらすのでしょうか。

そして、ホームレス状態にある誰かが、心から望んでその状態を選んだかなど、
はたして他の誰にわかりえるのでしょうか。



価値観が多様化する一方で、
ホームレス状態にある人々への厳しい眼差しだけでなく、
社会的に弱い立場に置かれた人々や、社会から逸脱せざるをえなかった人々を、

勤勉さだけではなく合理性や生産性、性別や国籍など
人間社会がすがってきた価値観を基準に選別し、

わかりあうことをあきらめ、ともすると排除してしまう空気が
どこかで漂っているのも現実です。




抗うことのできない多様性の波のなかで、
ときに正しさを見失い、不安にこころを襲われてしまっても、
誰かを否定することで感じる正しさの先には何も残りません。

人々のつながりが失われ、
コミュニティや共同体が縮退していってしまいます。



山友会の日常に目を移せば、
ホームレス状態という同じ経験があるとはいえ、
十人十色の人生を歩み、異なる考えや価値観を持った人々が集っています。

ときには衝突することがあっても、
喜怒哀楽をともに分かち合う時間を丁寧に、
あきらめずに積み重ね続けることで、それぞれの違いを受け入れ、
わかりあい、互いに大切な存在へと変化していく物語が
日々紡がれています。

それはホームレス状態を経験した人々だけではなく、
彼らを助けようと集まったボランティアやスタッフにとっても
同じことでもあります。



活動を通して育んできた

「寛容さ」
「他者への愛情」に満ちた文化は、
違いや過ちを避け、否定する心にむしばまれつつある現代社会にとっての
希望となりえるのかもしれません。


そして、
「寛容であること」「わかりあうこと」という、
簡単なようでややこしい、
人間臭い営みの大切さがあるのだと思います。





冬の厳しい寒さは
時として殺伐とした風潮をより感じさせます。


そして忘れてはならないのが、
極寒の中、路上で生きていくことしかできなくなってしまった方や、
誰にも気付かれることなく路上で亡くなっていく方。

そして、
住まいを得ることができても病の苦しみに襲われながら
孤独のなかでひとり亡くなっていく方が
人知れず存在しているということは、
どんな正義を持ってしても否定できるものではないはずです。





ホームレス状態といういわば最も社会的に孤立した状態にある人々に
様々な活動を通して、つながりをつくり、
コミュニティを築いていくという私たちの取り組みが、

ホームレス状態にある方々だけでなく、
私たちの心にやさしさと希望を灯すことができることを願っています。





2018年 冬の募金
【募金受付期間】2018年12月1日〜2019年1月31日



 
山友会は、社会から孤立し、
路上生活をはじめ苦しい生活を送らざるを得ない方たちが、

ひとりではないと感じ笑顔を取り戻すこと

を使命にしています。


この使命のもと、
ホームレス状態にある方々の必要に応じて、

無料診療、生活相談、炊き出し・アウトリーチ、
昼食の提供、ケア付き宿泊施設の運営、
居場所・生きがいづくり、共同墓地の運営

などの取り組みを行っています。
 


こうした取り組みを通して、
ホームレス状態という最も社会的に孤立した人々とつながりを紡ぎ、

ひとりひとりがその存在を認めあい、
助け合うことのできるようなやさしさに満ちた、
安心して暮らすことのできるコミュニティや社会


を築くことを目指しています。

どうか皆さまのご支援をお願いいたします。







”わかりあい、認めあうために” あなたのご寄付でできること


例えば、3,000円
路上生活や地域で孤立した元路上生活者の方
10人に、食事を提供することができ、食を通した出会いが生まれます。

例えば、5,000円
治療を受けることのできない方
10人に、無料診療を行うことができ、医療を通した出会いが生まれます。

例えば、10,000円
地域で孤立している路上やドヤで暮らす約 40人を訪問し心の支えとなることで、必要な支援につなげることができます。

ご寄付の方法










山友会

〒111-0022
東京都台東区清川2丁目32番8号

TEL:03-3874-1269
FAX:03-3874-1332
E-Mail:info@sanyukai.or.jp
ブログ:
http://ameblo.jp/sanyukai1984/